【プレスリリース】EPLANはライセンスのサブスクリプションモデルを発表

【プレスリリース】EPLANはライセンスのサブスクリプションモデルを発表

EPLANは産業の変革や市場の状況の変化に柔軟に対応していきます。
2021年8月には、新しいソフトウェアライセンスがサブスクリプションベースで提供されることになりました。

2021年8月ライセンスがサブスクで提供開始

EPLANは、2021年8月1日から、EPLANは新しいライセンスをサブスクリプションモデルとして提供します。

EPLANのCEOであるSebastian Seitzは、次のように説明しています。
「お客様のために、私たちは未来に向けて100%の力でビジネスを創造していきます。サブスクリプションモデルによって、現在のお客様と未来のお客様の両方に利益をもたらすでしょう。」

新規導入の容易さや、加入期間の柔軟性、並びに今後のEPLANバージョンのリリースで盛り込まれる新機能がすべてパッケージ化されるなど、今回のリリース以外では達成できないメリットがあるとSeitzは確信しています。

求められているもの お客様との細かな継続的な対話

「当社のソフトウェア開発では、お客様を十分に納得させ、感動させたいと考えています。」と Seitz は言います。この言葉は、効率的なエンジニアリングでお客様の成功を確実にし、前進させるという当社の社是をも表しています。さらに、CEOのSeitz氏は、サブスクリプションモデルがお客様との対話をさらに強化することを期待しています。

「私たちは、お客様との関係をさらに強化していきたいと考えています。デジタル化と産業変革の時代にあって、緊密なコミュニケーションは双方の成功の基盤になるとの思いからです。」

新しいサブスクリプションモデルはすぐに利用可能です。
ただし、新規ユーザーも既存ユーザーも、2021年7月31日までは永久ライセンスとして新規または追加ライセンスを購入することができます。

プレスリリースのPDFはこちらからダウンロードできます。
Pressrelease_EPLAN_SUBSCRIPTION-MODEL-FOR-NEW-LICENCES.png

関連記事