【ホワイトペーパー】電気設計部門が陥るツール選定の問題点

電気設計部門が陥るツール選定の問題点
製造までつながらなくていいですか

電気設計ツールの導入で電気設計者が陥りやすい問題点

今、多くの経営層や電気設計者が今まで後回しにされていた電気設計の標準化や効率化に目を向け始めています。そこで電気設計ツールの導入で標準化や効率化の達成を考えている電気設計者が陥りやすい問題点をいくつか紹介しました。

ホワイトペーパー概要

インダストリー4.0、IoT、スマート工場など近年次々と新しい言葉が生まれているが、その基本は「つながる仕組み」です。もちろん電気設計も製造全体の中でつながることが必須になってきています。
電気設計は何つながる必要があるのでしょうか。それは、メカ設計・電気設計・PLCソフトウェアだけではなく設備と設計データ設備と設備です。

 今、多くの経営層や電気設計者が今まで後回しにされていた電気設計の標準化や効率化に目を向け始めています。しかし、電気設計者が「電気設計の標準化」を考えた時に、ウチの設計手法をどう標準化できるのかという問題につまずき業務改革ができていないのが現状ではないでしょうか。

そこで電気設計ツールの導入で標準化や効率化の達成を考えている電気設計者が陥りやすい問題点を3つ紹介ました。

ホワイトペーパー見出し(全3ページ)

  1. 経営幹部から電気設計の効率化を求められツール選定を始める
  2. 経営層は電気設計部門に何を求めているのか
  3. 電気設計部門が陥るツール選定の問題点その1
  4. 電気設計部門が陥るツール選定の問題点その2
  5. 電気設計部門が陥るツール選定の問題点その3
  6. まとめ

Whitepaper_denkisekkei_mondai.jpg

関連記事