デジタルツインを用いた電気設計と制御盤製造の標準化

EPLAN x Rittal 設計から製造メンテナンスまでつながるデジタルツイン

制御盤製造にバーチャルエンジニアリングを取り入れ、設計から製造、メンテナンスまで
データでつながることで、設計効率、生産効率、メンテナンス効率が向上します。
さらに、一度作った設計データもリサイクルして活用できます。
電気設計の標準化はEPLAN、制御盤の標準化はRittal。
お客様の制御盤製造の標準化を実現します。

紹介動画はこちら

デジタルツインフライヤーこちらよりDLしてください。
EPLANshiryo_Digitaltwin_books-1845614_1920.jpg

関連記事