\制御盤設計・製造 業界 9社が集結/
制御盤のDXを語るオンラインセミナー

制御盤DXメッセ

2021年5月26日(水)27日(木) 開催 RITTAL & EPLAN Presents ONLINE SEMINAR
お申込はこちら

ABOUT
DX メッセとは?

『制御盤DXメッセ』
開催への思い

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、展示会やセミナーなど、様々な会社が集まって情報を提供する場が少なくなっています。電気設計や制御・制御盤という分野の最新情報を集めることに苦労している設計者や技術者は多いのではないでしょうか。そこで、電気設計のEPLANと盤の製造支援を行うリタールが、制御盤の設計・製造のDXに関するオンラインセミナーを開催します。

EPLANとリタールのほか、製造業のDX化を制御の側面から推進する企業、EPLANを導入し設計のデジタル化を推進している企業、制御盤に搭載する最新機器を製造している企業などが7社集まり、電気設計・制御盤設計・製造のデジタル化に関する内容や各企業の最新情報を提供する場を設けます。

制御盤DXメッセプレセミナー ダイジェスト
開催にあたって

この度は多数の企業様にご賛同を得られ、『制御盤DXメッセ』初開催の運びとなり、大変嬉しく思います。
リタールは盤筐体を主製品とする企業ですが、現在は「制御盤設計製造の最適化」の視座からEPLANと融合されたバリューチェーンに基づくソリューションも提供しております。
本メッセを機会に制御盤業界のDXや、盤製造プロセスの全体最適化等について理解と議論をより深めて頂ければ幸いです。

リタール株式会社
代表取締役 新岡 卓


『制御盤DXメッセ』初開催の運びになりました事、まずはお礼申し上げます。
現在のコロナ過において、なかなか国内外での情報入手が難しい中、我々、EPLAN・リタールが旗を揚げ制御盤関連の情報発信を本メッセの中で行い皆様のお役に立てる内容にしたいと思い、弊社マーケティング部を中心に企画立案致しました。
これを機会に、日本の制御盤の進化を皆様と一緒に考えたいと思います。

EPLAN Software & Services株式会社
代表取締役 井形 哲三

開催概要

DAY 1
5.26 [WED] 開場10:30 開演10:45
2021年5月26日(水)
時間:開場10:30 / 開演10:45
(途中入退場自由。16:10頃終了予定)
DAY 2
5.27 [THU] 開場10:30 開演10:45
2021年5月27日(木)
時間:開場10:30 / 開演10:45
(途中入退場自由。15:25頃終了予定)
※両日ともにオンライン配信(Zoomウェビナー)
※会期後3週間のアーカイブ配信を予定
参加費:無料(事前にご登録をお願いします)
聴講特典:最新ホワイトペーパー「制御盤DXの教科書」プレゼント
主催:リタール株式会社
EPLAN Software & Services 株式会社
メディア協力:オートメーション新聞
お申込はこちら
※両日ともにオンライン配信(Zoomウェビナー)
※会期後3週間のアーカイブ配信を予定
※競合他社の方の受講はお断りさせていただきます
参加費:無料(事前にご登録をお願いします)

SPEAKERS
講演企業

講演企業

  • Team Cross FA 基調講演Team Cross FA
  • 株式会社東洋電制製作所 基調講演株式会社東洋電制製作所
  • リタール株式会社 リタール株式会社
  • EPLAN Software & Services 株式会社 EPLAN Software & Services 株式会社
  • マナ・デザインワークス株式会社 マナ・デザインワークス株式会社
  • フエニックス・コンタクト株式会社 フエニックス・コンタクト株式会社
  • 三菱電機株式会社 三菱電機株式会社
  • ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社 ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社
  • speakers-logo-10 富士電機機器制御株式会社

モデレーター

kemmochi
剱持 知久
オートメーション新聞 編集長/ものづくり.jp 株式会社 代表取締役
1975年群馬県生まれ。2002年エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社で取材記者兼営業として活動。
2007年から8年間、製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務め、製造業全般のBtoB WEBマーケティングに従事。
2015年〜FA・制御・自動化、製造業DXの専門メディア「オートメーション新聞」編集長(現職)となり、
2016年に製造業に特化したWEBサービスを展開するスタートアップ・株式会社アペルザの立ち上げに参加。
2016〜18年「ものづくりニュース」編集長。2020年に独立し「ものづくり.jp 株式会社」設立。
お申込はこちら
※両日ともにオンライン配信(Zoomウェビナー)
※会期後3週間のアーカイブ配信を予定
※競合他社の方の受講はお断りさせていただきます
参加費:無料(事前にご登録をお願いします)

TIME TABLE
詳細・タイムテーブル

DAY 1
5.26 [WED] 開場10:30 / 開演10:45 (途中入退場自由。16:10頃終了予定)

ロボットシステム導入に対する標準ブロック化及び 標準制御盤開発事例について
基調講演ロボットシステム導入に対する標準ブロック化及び標準制御盤開発事例について
こんな方におススメです
・製造業や物流の分野でDX化を検討している
・制御盤の標準化について興味がある
・安全、省エネ、セキュリティを前提にした設計手法を知りたい
講演概要
人手不足や変種変量生産が進み、DX化が急務になっている製造業において、ロボットシステムの導入は必要不可欠。さまざまな業種や工程の自動化・自律化を手掛けるグローバルロボットSierの経験・ノウハウをもとに、ロボットシステムには必要不可欠な制御盤について、標準化のメリットやプロセス等を解説します。
デジタル・マニュファクチュアリングの未来
デジタル・マニュファクチュアリングの未来
こんな方におススメです
・製造業におけるデジタル・ツインの動向について知りたい
・デジタル・ツイン活用のメリットについて知りたい
・EPLANと三菱電機などのFA製品との連携について知りたい
講演概要
製造業において、デジタル・ツインが非常に注目されておりますが、必要性、メリット、導入する際の注意点、コロナ禍での学びを織り交ぜながら、わかりやすくご紹介します。
三菱電機は、e-F@ctoryコンセプトを中心に、2003年から工場のデジタル化に取り組んでおり、EPLANとの長年のパートナシップを通じて、エンジニアリング時間の削減に向けた様々なソリューション連携をしており、あわせて内容についてご紹介します。
ICE統括本部 マーケティング部
制御盤設計・製造・運転の効率化~将来への自動化を見据えて~
こんな方におススメです
・制御盤周辺の製造・メンテナンスの作業工数削減に関心がある
・Push-in接続と製品ラインアップに関心がある
・製品図面データ活用、そのソフトウェアに関心がある
・制御機器のセキュリティー対策方法を知りたい
講演概要
フエニックス・コンタクト株式会社は1923年ドイツで創業の、産業用接続機器・通信機器のリーディングカンパニーです。ドイツ本社ではインダストリー4.0など製造業のデジタル化を提唱しています。
今回のウェビナーでは、今後益々加速化する自動化を見据え、当社とEPLAN社、リタール社の製品・ソフトウェアを活用し、制御盤設計・製造・運転の効率化、デジタルソリューションをご紹介します。
Intelligent&Smart 低圧受配電・モータ制御設備:Ethernet/IP接続のIoT Solution
Intelligent&Smart 低圧受配電・モータ制御設備:Ethernet/IP接続のIoT Solution
こんな方におススメです
・受配電設備のIoT solutionに興味がある
・動力制御盤のIoT solutionに興味がある
・インバータの予兆保全に興味がある
・インバータのメンテが面倒だと感じている
講演概要
EtherNet/IPをベースとした、RAのIntelligent/Smart 低圧受配電設備・モータ制御機器は、各受配電用電力フィーダーの制御、保護や電力使用状況、電力のQuality Monitoringが可能。
さらに最新インバータは、前述機能に加え、予兆保全機能を標準搭載しており、これらのIntelligent/Smart機器と弊社のPLC・HMIとを融合させることで、最先端のIoT solutionを提供します。
制御盤製造を楽にするためのトランスフォーメーション
制御盤製造を楽にするためのトランスフォーメーション
こんな方におススメです
・設計・製造の工程を改善、見直したい
・設計・製造部門の連携を高めたい
・海外向けの制御盤を設計・製造するメーカ/製造業者
・リタールの製品には興味があるが、リタールのことをよく知らない
講演概要
制御盤の設計は、紙・ドラフトから始まり、2D CAD(PDF)、そして3D CAD、Digital Twinと段階的な進歩を遂げてきました。更に、この設計データを制御盤の製造工程にも利活用することができます。これからの制御盤製造はどのようにトランスフォーメーションしていくのか、欧州での盤設計・製造を事例なども交えてお伝えします。

DAY 2
5.27 [THU] 開場10:30 / 開演10:45 (途中入退場自由。15:25頃終了予定)

timetable-thumb-2-1
基調講演多様化する筐体に対応。TEC-EPLAN生産方式のご紹介
こんな方におススメです
・制御盤製造におけるEPLANの活用方法が知りたい
・EPLAN立ち上げ過程における問題点を知りたい
・筐体製造(リタール製品以外)時のEPLANとの連携方法が知りたい
・制御盤メーカのEPLAN活用実績が知りたい
講演概要
工作機械・産業機械・各種プラント工場など向けに制御技術全般を扱う東洋電制製作所では、EPLANを導入しました。今回は「多様化筐体への対応」や「EPLAN活用による生産方式」「インターンシップ並びに教育への活用」を中心にお話しします。制御盤製造におけるEPLANの活用方法 や EPLAN立ち上げ過程における問題点などもお伝えできればと思っています。
マナ・デザインワークスが考えるEPLAN導入による効果
マナ・デザインワークスが考えるEPLAN導入による効果
こんな方におススメです
・制御設計者
・制御盤設計者
・ソフト開発者
講演概要
システムインテグレーターであるマナデザインワークスがEPLANをどのように利活用しているのか?具体的には、技術者目線/営業目線での導入メリット、制御盤設計や製作における社内プロセスの変化(熱量計算、重量計算など)、図面の3D化による営業ツールとしての活用など、実際に導入した企業ならではの事例をお伝えします。
これからの制御盤設計の「効率化」と 制御盤の「高付加価値化」
これからの制御盤設計の「効率化」と制御盤の「高付加価値化」
こんな方におススメです
◆制御盤メーカ
・労働人口減少による、盤製造における熟練作業継承の問題や盤製造の効率化を考えている
◆機械セットメーカ、エンドユーザ
・機械、設備の運用・メンテナンスの手間に悩んでいる、効率化を考えている
講演概要
労働人口減少、熟練作業継承の問題に直面している中、これからの制御盤製造はモジュール化、その先は自動化も想定され、ますます機器のデジタルデータが重要になっています。また、機器自体も誰でも使え、自動化に適した仕様の製品が重要になっています。制御盤自体も盤内機器から取り出した情報の活用でデジタル化が進み、エンドユーザの生産や設備運用の効率化にもつながります。私たちの考える制御盤のこれからをお伝えします。
It’s in your hands! 電気設計・制御設計のデジタル化 EPLANが担う”役割”とは
It’s in your hands!電気設計・制御設計のデジタル化 EPLANが担う”役割”とは
こんな方におススメです
・電気・制御設計にかかる工数を減らしたい
・設計の手戻りに悩み解決したい
・電気設計のデジタル化について知りたい
・電気設計から制御盤設計の連携に興味がある
・EPLANについて知りたい
講演概要
ツールも働き方も変わるのに、なぜかずっと変わらない電気設計。デジタル化の時代を迎えて電気設計・制御設計はどう変わるのか?電気設計のデジタル化とは?Hannover messe やEPLAN Virtual Fairで紹介された内容をふまえながら、EPLANの新バージョンや制御盤設計・製造で活用できるEPLAN eVIEW ARをご紹介します。

WHITEPAPER
『制御盤DXの教科書』ダウンロード

最新ホワイトペーパー「制御盤DXの教科書」プレゼント!

RittalとEPLANが考える「制御盤DX」の定義とは?
〜設計・製造のデジタル化と標準化〜

Rittal×EPLAN共同開催ウェビナー『制御盤DXメッセ』の開催を記念して、参加申し込みをしていただいた方に、最新ホワイトペーパー「制御盤DXの教科書」をもれなくプレゼントいたします。(pdfファイルを送付予定)
電気設計・制御盤製造にかかわる皆様のお役に立てますと幸いです。

「制御盤 DX の教科書」序文ご紹介

いまDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が流行しています。
社会のあらゆる場面でデジタル技術を活用して便利にしていこうという取り組みで、製造業でもその活動が広がっています。
このデジタル化の流れは、数年前から言われ始めた第4次産業革命そのもの。今まさに時代のターニングポイントに差し掛かっており、このDXは一時的なブームではなく、これから長く取り組んでいくべきものです。

しかし現実は、DXと言っても概念的で抽象的なものにとどまっており、具体的な将来像や、それに向けて何をやればいいのかという具体的な話はあまり表に出てきていません。
また、世間で言われている一般論のDX論と、製造業のDXはそれとは異なります。さらに「制御盤を作ること」に絞れば、その未来もやり方もアプローチも、一般論や製造業のDXとはまた形が違ってきます。

そこで本書では、制御盤を設計・製造する人々とその業界に焦点を絞り、制御盤の将来と、その設計・製造のDX、それを実現するために必要なことを解説していきます。

リタール株式会社
EPLAN Software & Services株式会社
お申込はこちら
※両日ともにオンライン配信(Zoomウェビナー)
※会期後3週間のアーカイブ配信を予定
※競合他社の方の受講はお断りさせていただきます
参加費:無料(事前にご登録をお願いします)

おわりに

本セミナー開催に先駆けて4月21日に行ったプレセミナーは、わずか2週間の募集期間にもかかわらず、200名以上のお申込みをいただき、改めて、制御盤業界に於いてのDXへの注目度の高さを目の当たりにすることとなりました。
その結果を受け、満を持してここにご賛同いただけた講演企業の皆様を発表できたこと、主催者として大変嬉しく思っております。
本セミナーでも、電気設計・制御盤製造に携わるたくさんの皆様にお目にかかれることを待ち望んでやみません。我々のこの活動が、同じ業界で働く皆様のお役に立てるものになることを願いつつ、今日も粛々と準備を進めてまいります。

お申込みの際の注意事項

*『制御盤DXメッセ』は、リタールとEPLAN Software & Servicesの共同企画です。
*ご登録いただいた個人情報は、リタールとEPLAN、またプレゼンテーションを行う各社で共有させていただきます。
*競合他社の方の受講はお断りさせていただきます。
*Zoom ビデオウェビナーを使っての配信を行います。受講の際はPCとインターネット(有線推奨)のある環境をご準備ください。
*オンライン聴講はお持ちの環境によって聴講が出来ない可能性もございます、予めご了承ください。