<電気設計者向け>EPLAN Data Portal 製品概要紹介

<電気設計者向け>EPLAN Data Portal 製品概要紹介

EPLAN Data Portalの紹介したセミナーの内容をまとめました。セミナーのダウンロード資料を一部抜粋して使用しています。ダウンロード資料はこちらよりダウンロードできます。

EPLAN Data Portalセミナー資料ダウンロードページ(フォームへの入力が必要です)

電気 CAD 部品ポータルサイト EPLAN Data Portal

Data Portalとは

回路図を作成するEPLAN Electric P8、制御盤内3Dレイアウト設計 EPLAN Pro Panel、流体動力設計のEPLAN Fluidで使うことができる部品データのポータルサイトです。EPLANで回路図作成中にData Portalにアクセスし部品をダウンロードすることができます。

部品は19ヶ国語で利用可能であり、ポータルサイトは毎月更新されます。

2020年9月現在では合計314社 976,450のデータセットをEPLAN Data Portalでご利用いただけます。利用ユーザー数は全世界で28万名を超えています。
参考:EPLAN Data Portalトップページ

日本の部品メーカーは現在25社、約13万点掲載されています。そのうち3Dデータは約6万です。

EDP_VC_1.jpg

標準化された部品データ

掲載されている部品データに含まれている部品情報には、商用データ機能テンプレート論理マクロ2Dグラフィカルデータ接続ポイントパターン穴あけパターン3DグラフィックスデータDXFデータの8種類があります。

EDP_VC_2.jpg

商用データには部品番号、タイプ番号、名称、メーカー名、サプライヤー、オーダー番号の情報が含まれています。これらの情報を、部品リストまたはエクセルに出力させて、社内のBOMシステムなどで活用することができます。

機能テンプレートには部品の機能、シンボル、接続などの情報が含まれています。機能テンプレートにより、回路図に部品を配置すると、シンボルが自動で挿入できます。

接続ポイントパターンは、3Dプロパネルの自動ルーティングで使用するための情報が登録されています。接続ポイントパターンには、接続ポイント名称、接続ポイントの位置座標、ルーティング時における配線の方向が登録されています。

その他の部品情報の詳細はダウンロード資料でご紹介しています。

回路設計効率向上

上で述べたように、部品データには、部品の機能、シンボル、接続などの情報が含まれています。例えば、電気設計CAD EPLAN Electric P8 からEPLAN Data Portalにアクセスし、そこから部品データをドラッグ&ドロップで取り込むと、図面にシンボルが表示されます。P8ではシンボル間の接続は自動で行われることもあり、設計効率を格段に向上させることができます。

参考:EPLAN Data Portalセミナー 機能テンプレート説明|EPLAN公式You Tube

EPLAN Data Portal 参考情報

EPLAN Data Portalの最新情報や参考情報

EPLAN総合カタログ_ダウンロード_CTA.png

EPLAN Data Portal 特設サイトはこちら

関連記事