設計の標準化を阻む「カスタマイズ」いま標準化が求められている理由とは

世界の製造業では、設計の標準化という大きな流れが起こっています。しかし、日本ではあまり設計の標準化は進んでいません。日本の企業は「自社に合わせてカスタマイズされた製品」を好むからです。日本ではなぜ標準化よりカスタマイズが好まれるのでしょうか。

設計の標準化とは何か

設計の標準化とはどういうものなのでしょうか。

世界の流れは標準化に向かっている

2018年現在、世界的に「設計の標準化」が進んでいます。従来の複雑にカスタマイズした設計では、設計にも製造にも手間とコストがかかり、別の製品に流用しにくいというデメリットがあります。しかし設計を標準化すればそれらのデメリットを解決できるうえ、メリットもあります。そのため設計は世界的に標準化の方向に進んでいるのです。

「標準化」と「共通化」

「標準化」の前に「共通化」が盛んにうたわれていましたが、共通化と標準化は異なります。

共通化とは、部品やユニットおよびその設計図にできるだけ共通のものを使い、多くの製品に流用することです。既製品のブロックを組み立てるような設計であり、設計や製造にかかる時間やコストを削減できます。ただし、共通化できるのは過去に製作したことのある部品やユニットだけです。

標準化とは、部品やユニットの標準化ではなく、「設計の標準化」をさします。最初に製品体系を整理し、部品やユニットごとに標準的な仕様を明確に定義します。仕様はあくまで標準値であり、限界値ではありません。そこから標準図面を作成し公開します。上述の共通化でいう「ブロック」そのものを設計することに相当します。標準図面をもとにすれば、これまで製作したことのない部品やユニットでも製作可能です。

標準化のメリットとデメリット

標準化には以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • はじめから開発する部分が少なく、設計・製造の時間やコストを抑えられます。標準図面があるものはそれを利用することで新たに設計図を起こす必要はなく、過去の設計で得られ、設計図に取り込まれている知見もそのまま利用可能です。
  • 標準図面の仕様では、パラメーターは無駄のない最適値に抑えられ、顧客の要望に応じて仕様の限界を追うような設計は行いません。
  • 設計や製造では標準化されたプロセスを繰り返すので、作業者が早く熟練することが可能です。それにより、品質が安定します。

デメリット

  • 技術が固定化し、標準と定義された技術ばかりが使用されがちです。

  • 新しい技術の利用や進化が進まず、新規参入を阻む障壁にもなります。

顧客は自社に合わせたカスタマイズを好む

標準化の流れがわかっていても、自社向けにはカスタマイズを好む顧客が多いものです。

自社のやり方を変えたくない

設計を標準化すると自社のやり方を合わせていく必要がありますが、カスタマイズすればその必要がないため、顧客にとっては非常に楽です。

標準化されると、他社との差別化ができなくなる?

標準化された部品や工程でつくると、出来上がる製品も標準的になってしまい、他社との差別化ができない、カスタマイズしたほうが独自性のある製品がつくれる、というイメージを持つ顧客も多く存在します。

一般論としては標準化に賛成だが、自社には導入したくない

これらの理由から、一般論としては標準化のメリットを認めていても、自社の標準化導入には反対する顧客が多いのです。

カスタマイズのメリットとデメリット

カスタマイズにもメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 自社のやり方に合っているので作業は楽になります。
  • 独自仕様なら、細部まで自社の設計思想を実現でき、必要な機能を絞ることなく搭載可能です。

デメリット

  • カスタマイズすると、既成品をベースにしていても、設計には多くの時間やコストが必要です。独自仕様が多いと部品やノウハウを流用できず、拡張性も低くなります。

  • 担当者が退社すると修理やメンテナンスが難しくなります。

米国、ドイツ、フランスなど、他国は戦略的に標準化を推し進めています。標準化が効率的に利益を最大化できる手段だからです。

なぜ標準化が必要なのか?

標準化すれば、設計や製造のコストや時間が抑えられ、品質が安定します。標準化された仕様を利用することで他製品との組み合わせも自在になるので、拡張性が上がり、さまざまな応用が可能です。それによって、企業としての競争力が上がります。

標準化しても差別化はできる

標準仕様のうえで設計しても、製品を差別化することは可能です。標準化された図面は1通りではなく、設計のパラメーターを変化させたシリーズになります。このシリーズの組み合わせでバリエーションをつくり出し、より顧客の要望を実現するような機能や性能を実現した魅力的な製品を設計することが可能です。

標準化された仕様に関係のない部分は、設計者が自由に決めることもできます。

ドイツの標準化への取り組み

ドイツでは、国策として設計の標準化を推進中です。企業規模の大小を問わずに「インダストリー4.0」をうたい、世界レベルでの標準化を進めています。開発から生産、供給までを標準化し、標準化された仕様や図面は、多くの企業で使用可能です。この標準化プロセスはEUをはじめ他国へも輸出され、ドイツの製造プロセスを「世界標準」にしようという流れになっています。

間違った標準化では勝てない、正しい標準化とは

日本の製造業がグローバルな市場で戦うためには、標準化は必須です。これまでの「多く使われているものを標準とする」方法では海外市場で競争できません。設計のルールを標準化して個別設計に発展させる方法を取り入れることで、海外市場でも競争力を維持できるのです。

参考:

関連記事