電気設計CADの標準化とは何か?標準化によるメリットを解説!

電気設計CADをはじめ、電気設計業務に携わっている方なら「標準化」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。標準化はそれぞれの企業内だけでなく、業界全体の課題ともいえるもの。今回は、電気設計における標準化について解説します。

電気設計における標準化とは?

そもそも「標準化」とは何でしょうか。一般的な標準化は「仕様や構造を同じものに統一すること」と定義されています。乾電池や蛍光灯などが身近な例です。どのメーカーの乾電池とどのメーカーの電化製品を組み合わせても、問題なく使用することができる。消費者にとっては当たり前ですが、これは業界全体が標準化として規格を統一しているからにほかなりません。逆にこういったことが不可能ならば、消費者は不便を強いられてしまいます。

電気設計における標準化

このような標準化を電気設計分野に置き換えて考えてみると、電気設計における標準化とは、平たくいえば「誰でも同じ電気設計ができること」だとEPLANは考えています。実は設計分野における標準化は、昔から必要性を叫ばれていながら実現できていません。標準化されていないことで発生している日本の電気設計業界全体の課題についていくつか挙げてみました。

標準化されていない電気設計の現場

標準化がされていないことにより発生するデメリットを知ると標準化の重要性が見えてきます。いまだに多くの企業で進んでいない標準化について、よくある現場の状況を一部紹介します。

図面をコピー&修正するという非効率な作業

関連記事