【ホワイトペーパー】電気設計の標準化と3Dデータ化が グローバル企業の成長の鍵に

世界標準の生産設備への転換が企業の未来を創る

グローバルマーケットで勝ち抜くためには、よりスピーディーにマーケットの変化に対応することが必須です。そのために電気設計はソフトウェアを使い、電気設計データを設計段階で3D化し、設計から製造までの工程をデジタルデータつなぐことが求められます。

ホワイトペーパー概要

デジタルエンジニアリングをいち早く取り入れたドイツでは、マーケットの変化に対応するため、各社が共通プラットーフォームのソフトウェアによる3Dデータ設計することで効率化を図っています。これにより、新しい設計図はデータとして蓄積され、ソフトウェア上でのバジョーンアップやマイナーチェンジが可能になります。

日本企業の多くは、デジタルエンジニアリングを活用した標準化の整備ができておらず、設計図が紙の図面のまま製造工程まで進んでいくのが現状です。デジタル化していない図面では、生産拠点や部品の調達が各国で異なる状況において、対応に時間がかかってしまうことは容易に想像できます。デジタルエンジニアリングを活用した3Dデータでの標準化は、グローバルマーケットでの競争に勝ち抜くためには必ず必要です。また経営面においても、新規開発への投資、製造コストの削減など効果的です。

EPLANでは、グローバルマーケットでの変化への対応をいち早く行い、プラットフォームソフトウェアとしてだけでなく、製造工程を一括管理できるソリューションを提供しています。

ホワイトペーパー見出し(全2ページ)

  1. グローバル基準でのバリューチェン構築は、ビックデータのIoT活用が必須に!
  2. 日本企業の強みを活かしたグローバルチェーンの構築を
  3. 電気設計を3Dデータ化し、すでに作られているメカの3D製造工程構築で生産効率アップを

Whitepaper_denkisekkei_3ddata.jpg

関連記事