EPLAN Pro Panel 製品概要ご紹介

EPLAN Pro Panelは、制御キャビネット、交換機、電源用のフレキシブルな配電システムを3Dで構築するための設計ソリューションです。EPLAN Pro Panel の主だった特長をまとめました。

制御盤3D設計 EPLAN Pro Panel

1. 部品の干渉チェック

コンポーネントを正確に整列および配置できます。また、メーカーの要件に基づいた取り付けスペースを計算して配置部品間の干渉を確認します。

2. ワイヤ自動ルーティング

電気設計CADEPLAN Electric P8 との互換性があるので、設計情報、ケーブル配線情報をEPLAN Pro Panelで使用できます。3Dレイアウトが使用されるので実装レイアウトにおける正確な位置と、制御キャビネット内の仮想配線を正確に行います。配線情報に基づいてデバイス間のワイヤを自動で接続し、ワイヤの長さも自動で算出します。

3. 配線の自動接続

標準シンボルを挿入すると配線が自動接続されます。シンボルを移動やコピー、削除をすると配線の接続も自動で修正されます。接続番号も一緒に変更管理されるので、1つ1つ手作業で修正するという手間が省けます。

4. 電気設計との一貫したデータ共有

EPLAN Pro PanelはEPLAN Electric P8 と同一データベースを使用しているので、設計変更などの情報は常に共有されています。1か所の修正を手作業で全体に反映することなく、常に最新の設計データで電気設計も制御盤レイアウト設計も可能です。

5. NCデータの自動生成

ドリル穴、開口部などのパネル加工に必要なNCデータを自動生成します。これをNC加工マシンに直接転送することも可能です。

EPLAN Pro Panel 紹介ビデオ

EPLAN Pro Panel の操作画面が英語ですが、1分の簡単な紹介ビデオをご紹介します。

関連記事