【ホワイトペーパー】電気設計4.0 まとめ付きレポート

【ホワイトペーパー】電気設計4.0 まとめ付きレポート

電気設計4.0 ホワイトペーパー概要

EPLAN (ドイツ本社)とヨーロピアン4.0トランスフォーメーションセンター(E4TC)による調査レポートを日本語に翻訳しました。
日本版では、わかりやすい概要を特別に作成しました。

製造業における機械とプロセスのインテリジェントネットワークの構築は、
フレキシブル生産からスマートロジスティクス、さらにロボット工学やビッグデータの活用まで、すでに具体的になってきています。
しかし、機械や工場システムのための戦略的な設計のデジタル化や制御エンジニアリングについてはどうでしょうか。

設計と製造のどちらにおいても中心となる問題は似ています。
市場は、顧客ごとの要求に効率よく対応することを求めているのです。
複雑なデバイス、生産機械、または工場全体のシステムまでを、効率よく計画・設計しようとする人は、
答えのない質問の「ブラックボックス(無限ループ)」に陥ります。

効率向上のために、どのような手段を採ることができるでしょうか。作業方式に相関して、最適化の可能性を数値化することはできるでしょうか。

機械および工場エンジニアリングのための、電気設計における効率化の可能性を調査研究し38ページのレポートにまとめました。

もくじ
  • 電気設計4.0 わかりやすいまとめ(EPLAN Japan特別版)
  •  電気設計4.0 研究のデザイン
  •  研究の参加者
    -機械メーカー
    -設計事務所
    -デバイスメーカー
    -制御盤メーカー 
  • 設計・製造における効率化:影響因子
  • 基準モデル
  • アプリケーションモデル
  • 効率化の対応する分野
  • 市場トレンドの予測
  • 付録

電気設計4.0ホワイトペーパーダウンロードページはこちら
engineering40_innova.jpg

関連記事