制御盤製造のトレンド TOP3

電気設計者と制御盤メーカーにどのような未来が待っているでしょうか。
EPLAN UKの調査記事をまとめました。

1.コンポーネントの複雑さとソフトウェアの増加

昨今、電気部品はより複雑さを増しており、設計エンジニアにとって正確な部品データに簡単にアクセスできることが非常に重要です。
これに伴い、よりソフトウェアベースになり、エンジニアはこれに対応した設計をする必要があります。これらの進歩は、多くのオプションとより優れた設計の自由度を提供しますが、
同時に、ソフトウェアとハードウェアの両方のテストに注意を払う必要があることを意味します。

2.制御機能の分散化(エッジ)が進む。

現代の産業用アプリケーションは複雑です。エンジニアは大型の集中制御盤を製造するよりも、最終的に使用される場所に近い現場で制御する方がより便利で経済的であることにだんだん気づいています。

ローカル機能と診断機能が提供されている場合、メンテナンスと障害検出は、より迅速かつ簡単になります。 一次制御機能は引き続き中央制御盤を介して管理されますが、分散化(エッジ)により複雑さが大幅に軽減されます。

3.制御盤製造のアウトソーシング

EPLAN UKが実施した最新の調査では、約78%の企業で制御盤の内製が行われています。ということは、20%以上の制御盤の製造は外注されていることになります。一部の企業(特に制御盤と開閉装置の年間要件が低い企業)が、制御盤の設計と製造に必要なリソースを社内で維持することがビジネス上メリットとなるか自問しているためです。

EPLANは制御盤メーカーにとって役立つ情報をまとめています。

関連記事