電気回路図の重要性と短時間で作成するために必要なこと

電気設計において電気回路図は、設計や製造その他の関係者が情報や状況を共有するためのもの。トラブルのない製造のために、さまざまな場面で必要となる大切な書類です。しかし、電気設計には電気回路図の作成の後にも多くの作業があるため、可能な限り早く済ませたい工程でもあります。ここでは、電気回路図の重要性と電気回路図を早く作成するためのメリットやその方法についてご紹介します。

電気回路図は電気設計において必要不可欠

電気設計において電気回路図の作成はなぜ重要なのでしょうか?

電気設計のように複雑な内容を、言葉や文字だけでは正確に伝えるのに限界があります。そのため、設計者と作業者、また機器ごとの担当者などプロジェクトに関わるすべての人が正確な情報を確実に共有するために、電気回路図は必要不可欠な存在なのです。

また、電気回路図として一目でわかる形にしておくと、システムの成立性や設計ミスの有無を製造前から確認でき、かつ、複数の目でチェックすることも可能になります。さらに作成した電気回路図はデータとして蓄積し整理しておくことで、今後の作業に活用することもできます。

このように、電気回路図作成は電気設計において必要不可欠ではありますが、電気設計における作業は電気回路図作成だけではありません。他の作業に時間を割くためにも、可能であれば早く作成してしまいたい工程でもあるのです。

電気回路図を早く作成できると次のような作業に時間を割ける

前章でも述べましたが、電気回路図を早く作成できれば、その後に控えている次のような作業に時間を使うことができます。

まずは、電気回路図のチェック作業。最初からミスのない完璧な電気回路図を作成することは困難です。一度作り終えてからチェック作業を入念にする方がミスを削減しやすくなります。また、自身では気づかないようなミスを、他の人に気づいてもらえるケースも多々あります。電気回路図を早く作成して関係者と共有することで、関係者たちが確認する時間が十分に確保できるからです。

一方、電気設計における作業には、電気回路図作成の他にレイアウト設計もあります。また、回路図に基づいて必要となる構成部品を購入する作業もあります。業種などにもよりますが、ほかにも例えば製造工程の作成や検査の要領書作成と実施、顧客への発送手配など、さまざまに存在します。それらはいずれも重要な作業で、プロジェクトのスタートである電気回路図を早く作成することで、それら重要な作業に時間を費やすことができます。そして、それが最終的にプロジェクト全体のスムーズな進行へとつながるはずです。

電気回路図を早く作成できるようにするには?

電気回路図を早く作成することのメリットはわかりましたが、実際どのようにすれば早く作成することができるのでしょうか。見ていきましょう。

必要な知識の理解と習得

電気回路図を作成するためには当然作成するための専門知識が必要となります。回路記号や半導体、ダイオードなどに関する知識、オームやキルヒホッフなどの法則、回路図の読み方など最初は調べることが多いでしょう。調べながら作成していたのでは、作成するスピードもその分遅くなってしまいます。電気回路図を作成する早さを上げるには、まずは必要となる知識を理解し、習得しておく必要があるといえます。

しかし覚えなければいけないことは多く、実際に身に付けるにはかなりの時間を要するでしょう。その間も処理しなくてはいけない作業があるため、勉強に時間を費やすことは現実問題として困難です。

そこでまずは必要な知識をノートやエクセルなどにまとめておき、いつでも取り出せるように整理することから始めてみるといいでしょう。いつでも取り出せるところにあると、スピーディに確認できると同時にこまめに見るクセがつき、仕事を進めつつ徐々に本物の知識として身に付けていくことができるはずです。

電気CADといった専用ツールの活用法の習得

電気CADやその他電気設計用ツールを導入しているところは多く、それぞれで適宜利用していると思います。しかし、ツールが多機能であるにもかかわらず、基本的な使い方しか知らずに十分に活用しきれてない人も少なくないのではないでしょうか。これらのツールのハウツー本も最近では出ていますので、一度入手することをおすすめします。ショートカットキーや知らなかった便利な機能など意外な発見をすることができるはずです。また、近くにいる先輩に聞いてみるのも手です。ハウツー本に書かれていることだけでなく、独自の活用法を知っている可能性もあります。先輩の作業の邪魔をしない程度に積極的に話しかけ、活用法を吸収するようにましょう。

電気回路図の作成は重要だからこそ早く的確な作成を

電気回路図は電気設計において大変重要な資料です。だからこそ可能な限り早く作成し、チェックも入念に行う必要があるといえます。電気回路図作成を短時間で行えるようになることは、自分自身だけでなくプロジェクトに関わるメンバーすべてにとって有意義な結果をもたらすことでしょう。

参考:  回路図を作成する方法 | Lucidchart

関連記事