【プレスリリース】eBUILD : クラウドを活用して回路図を作成

【プレスリリース】eBUILD : クラウドを活用して回路図を作成

記事にはサマリーを載せています。プレスリリースは下記リンクよりPDFファイルをダウンロードしていただけます。

EPLAN eBUILD:クラウドを活用して回路図を作成

SPS2019の開催に合わせてクラウド環境で回路図の自動生成を体験できるEPLAN eBuildをリリースしました。まずは英語とドイツ語版のリリースですが、すでにEPLAN v2.8をご利用のユーザーはePULSEに登録後すぐにご利用いただけます。
準備されている様々なサンプルのマクロ・ライブラリを使い、ユーザーはクリックだけで回路図の自動生成を体験できます。回路図が自動生成できれば、既存データのコピペによる作図時間やヒューマンエラーによる手戻りなどを削減でき、設計者は本格的な設計作業に集中できます。

EPLAN eBUILDとは…

  • SPS2019でリリースされた回路図自動生成ツール
  • EPLANv2.8ユーザーはすぐに利用可能
  • サンプルのマクロ・ライブラリで回路図自動生成を体験

EPLAN ePULSE(登録はこちらから)

プレスリリースのPDFはこちらよりダウンロードしてください。

関連記事