EPLAN News 2.9!EPLAN Data Portalのセレクター機能とは

EPLAN News 2.9!EPLAN Data Portalのセレクター機能とは

EPLANプラットフォーム バージョン2.9 の「Service Pack 1」のリリースで、EPLAN Data Portalが新しくなりました。その中でセレクターという機能が利用できるようになりました。

セレクターとは何か

edp_selector_1.png
最新バージョンのData Portalでは、クラウド環境EPLAN ePULSEとの全面的な統合がされていると、EPLAN News 2.9! 新しいEPLAN Data Portalでできる事の記事でお伝えしました。なので、このセレクターもEPLAN ePULSEの中にあります。

EPLAN Data Portalで部品データを提供する一部のメーカーは、要件に基づき部品を構成することができます。セレクター機能を使うことで、EPLAN Data Portal上で部品の構成が簡単にでき、その部品データを一括でダウンロード、そのまま電気設計や流体動力設計に利用することができます。

EPLANプラットフォーム バージョン2.9 の「Service Pack 1」以上をお使いのユーザーは、EPLANプラットフォームからePULSEにアクセス、セレクターを利用できます。(ユーティリティのePULSEをクリックしてください。)ePULSEにログイン、EPLAN Data Portalにアクセスすると左側にセレクターのアイコンがあります。クリックすると2つの選択肢が表示されます。

edp_selector_2.png
プレスリリース_EPLANDataPortal2020.png

セレクターの機能紹介:製品選択補助機能

これは部品メーカーのガイドにそって選択することで、適した部品をすばやく見つけることが出来る機能です。そして、検索した部品のデータはEPLAN Data Portalから簡単にダウンロードできます。
仕様は決まっているけれど、型番はわからない。型番を調べるために部品メーカーのWEBサイトを別ウィンドウで立ち上げて検索する、という必要がなくなります。
edp_selector_3.png
edp_selector_4.png
部品の仕様を選択していくと、
edp_selector_5.png
該当する部品が右側に現れます。
これをクリックして製品データをダウンロードします。

セレクターの機能紹介:コンフィグレーター(Product configurators)

構成が可能な部品の詳細な要件を定義できます。 EPLAN Data Portalに統合されている製品コンフィギュレーターを使用すると、構成した部品の型番や適切な部品データのダウンロードが簡単に行えます。
edp_selector_6.png
セレクターは部品メーカーがサポートしているので、常に最新の情報を入手できます。
edp_selector_7.png

EPLAN Data Portalへのアクセス方法

上記で述べたように、EPLANユーザー(EPLANプラットフォーム バージョン2.9 の「Service Pack 1」)はEPLANのソリューション内からアクセスできます。
EPLANユーザーではない方も、EPLAN Data Portalにアクセスすることができます。
部品情報のダウンロードはできませんが、こちらのリンクからは「見るだけ」見れます。
部品情報のダウンロードも含めてEPLAN Data Portalをご利用いただくにはEPLAN ePULSEへの登録が必要です。
EPLAN総合カタログ_ダウンロード.png

関連記事