【プレスリリース】部品データ品質向上のための新規格:EPLAN Data Standard (EDS)

記事にはサマリーを載せています。プレスリリースは下記リンクよりPDFファイルをダウンロードしていただけます。

部品データ品質向上のための新規格:EPLAN Data Standard (EDS)

ワイヤの長さが自動で計算されたり、マウンティングプレートの穴あけ位置が自動で算出される場合、 これらの計算の基礎となるのは部品データです。事前計画・設計・製造・およびメンテナンスプロセス でますます必要になる部品データの品質の統一を図るためEPLAN Data Standardが定義されました。

EPLAN Data Standard(EPLAN Data スタンダード)とは・・・ 

  • 部品のメーカーごとのばらつきを無くし、EPLANデータポータルデータ全体の品質向上を図ります。
  • 新EPLANデータポータルサイト(現在はプレビュー用、www.epulse.com)では、EDS対応データにはEDSロゴが付きます。
  • 新EPLANデータポータルサイトでは、EDS対応データのみを表示させることも出来ます。

EPLAN ePULSE(登録はこちらから)

EPLAN_Data_Portal_Standard_EDS.jpg
プレスリリースのPDFはこちらよりダウンロードしてください。

関連記事